日本人なら誰もが知っている日本刀!そんな日本刀の雑学を分かりやすく紹介!

当サイトは日本人なら誰もが知っている日本刀についての雑学を分かりやすく紹介しています。
今よりももっと知識を深めたいという場合には、ぜひ参考にしてみてください。
日本固有の製法によって作られたこれらの刀の鑑定はどのように行われているのか、という気になる疑問にもお答えしています。
さらに所持する際の注意点にも触れているサイトです。
これから自分でも購入してみたいと考えている人にお勧め出来るサイトとなっています。

日本人なら誰もが知っている日本刀!そんな日本刀の雑学を分かりやすく紹介!

日本人であってもあまり日本刀について詳しくないという人も多いのではないでしょうか。
そのような場合にも知っておきたい雑学には、日本刀は鍛冶製法で作られているということが挙げられます。
かつては武器として使われていましたが、現代では美術的な価値のある工芸品として取り扱われています。
加熱して打ち延ばすことを繰り返して作られる日本刀は湾曲した形状が特徴です。
そのような日本刀は刀剣の専門店で販売されています。

日本刀の価値はどうやって決まるの?

本来は武器である日本刀は、工芸品や美術品としての価値が認められています。
そのなかには博物館や美術館に収蔵されるものもありますが、どのように決定されるのでしょうか。
まず重視されるのは、製造された時期です。
基本的には古いものが重視されますが、古いほど保管が難しくなります。
傷みが激しければ、日本刀としては流通できない可能性があります。
次に重視されるのは、製造した刀鍛冶の名前です。
日本刀に刻まれた銘などの資料を参考に、著名な職人が製造したと確定すれば、高い価値が認められるはずです。
明確に高い評価を得られる例は限られるため、基本的には保存状態のよさが最重要の要素といえるかもしれません。
判断には専門的な知識や経験が必要になるので、専門家に任せるのが基本です。
判断に納得できないときは、複数の専門家に相談してみるのもよいでしょう。
独自に知識を身につければ、自分で日本刀を売買したり管理したりするときに役立つ可能性があります。

日本刀のオークションはどこで開催されているの?

日本刀の入手から手放そうという方は、主に刀剣商を通じて買取と売却を行う方法が一般的だといわれていますが、歴史的価値の高いものであればできるだけ高値で買取して欲しいという方もいれば、より希少な刀を手に入れたいという方の多くはオークションでの購入と売却が利用されるようになっています。
初心者にとってどこで日本刀のオークションが開催されているのか知らない人も多いですが、主に「刀剣交換会」と呼ばれる売買の場で取引がされています。
刀剣交換会は美術倶楽部という組織が運営しており、東京や名古屋、大阪や京都、金沢の5都市で定期的に開催されており、日本刀をはじめ絵画や書道、茶道具に浮世絵など日本の伝統工芸品が各分野に分かれて出品されていることが特徴です。
他にも東京美術倶楽部が運営する、全国美術刀剣会は交換会の中で最も歴史があり、最大市場となっており毎回多くの刀剣商や古物商など専門業者が売買を行っています。
ただし参加には古物商許可証が必要となるため、一般人の参加は不可能です。
そのため出品や落札を行うためには、専門業者に委託を行う必要があります。

日本刀の歴史を詳しく見ていこう!

日本刀は日本の伝統的な刃物の一種です。
片刃でわずかに曲がった刃、丸または四角の装飾が施されたガード、両手で持つための同じく装飾が施されたグリップなど、その見分け方は簡単です。
日本では古くから刀剣類が生産されてきました。
製鉄技術が伝来してから、砂鉄をたたらで製鉄してつくる玉鋼ができました。
それを刀鍛冶が鍛えて日本刀にしていました。
歴史的には時代によって区分けされています。
西暦900年頃までが上古、そこから1596年までが古刀です。
そして1764年まで新刀、それから1876年までが新々刀などといいます。
明治時代、武士の衰退と近代化により、日本刀の存在意義は徐々に失われていきました。
武器の携帯が禁止されたこともあり、刀はほとんど使われなくなります。
第二次世界大戦の頃までは、軍人のみが刀を所持することが許されていたが、刀は工業的に生産され、品質も外観も異なっていました。
そのため、伝統的な刀鍛冶の知識は失われてしまいました。
1945年から1953年まで刀を作ることが禁止された後、鍛冶屋は再び仕事をすることができるようになったが、厳しい規則がありました。
現在でも5年間の修行が必要で、月に2本しか鍛刀できず、刀はすべて政府に登録しなければなりません。

日本刀は日本人だけでなく外国人にも人気

日本刀は日本を代表する武器になりますから、昔から親しまれている存在ですし、武器としてではなく現代でも観賞用として愛好者が存在します。
日本刀は外国人からも人気が高い特徴があり、映画やアニメなどで使用されていることで実際に手に入れたいと考えている人も多いと考えられます。
日本刀にもいろいろな種類があり、価値が高い名刀になると数百万や数千万といった価値になることもありますから、簡単に買えるような物ではないです。
名刀で販売されている中には偽物が紛れているようなこともありますから、偽物を買わないように目利きができるようになっておくのが大切になります。
昔から日本刀に慣れ親しんでいる人であれば目利きもできますが、普通の場合は自力で本物か偽物なのかを見抜くのは難しいと考えます。
そのため実際に購入を検討している場合は、少なからず複数回はお店に通ってから信頼できると判断した段階で買うのが大切です。
外国人からも親しまれる存在だけに、今後も価値が上がっていくことも想定できますから、購入しておく価値はあると考えられます。

日本刀に関する情報サイト
日本刀のトリビア

当サイトは日本人なら誰もが知っている日本刀についての雑学を分かりやすく紹介しています。今よりももっと知識を深めたいという場合には、ぜひ参考にしてみてください。日本固有の製法によって作られたこれらの刀の鑑定はどのように行われているのか、という気になる疑問にもお答えしています。さらに所持する際の注意点にも触れているサイトです。これから自分でも購入してみたいと考えている人にお勧め出来るサイトとなっています。

Search